国内旅行おすすめガイド

実際に行ってよかった国内旅行や春夏秋冬の人気のおすすめ・穴場スポットを紹介するブログです

中部

【レゴランド】実際に行って楽しめたスポット

2018/08/14

レゴランドまで行く情報を前回、ご紹介させていただきました。

>>実際の評判はどう?【レゴランド】の混雑具合と車で行ったら?

今回は、いよいよレゴランドの内部へ入ります。

前回も言いましたが、ネットでの悪評ほど悪くない、むしろ楽しめる施設なので参考にしてください。

エントランスでは、レゴのキャラクターもいるかも!!??

入場するとき、ひとが並んでいないのがストレスフリーです。

レゴランド

スタッフの方たち、さすが夢を売る商売。

こどもたちに優しく安心できます。

キャラクターもいましたがちょっとカクカクしています。笑

ふんわりしてないので、かわいい??という表現はちょっとないかも。

小さいお子さんは怖くないかなと、少し心配になりました。

ちなみにうちは、もう6歳児なので全然平気。

むしろキャラクターより、乗り物のほうに興味があります。

乗り物酔いがひどい人は注意

入場してすぐに「スクイッド・サーファー」があります。

レゴランド

見ているだけでも酔いそうなので、わたしは見ませんでした。

が、こどもたちも参加できるので、必死にポンプ押して水を出してました。

実際に乗って楽しんだアトラクションをご紹介します。

スクイッド・サーファー

レゴランド

入場して右のほうに行くとアドベンチャーエリア。

TVでも見たことがある、潜水艦に乗って、海の中の散策しまう。

乗車するとき、停止してくれない潜水艦に乗るので、足元注意です。

そして、乗車して正面のほうに座ったほうがよく見れます。

でもスタッフのひとに指示されてしまうので、中に入ってから席をずらせば大丈夫。

海の中では、レゴで作った魚や、本物の魚が見れます。

レゴランド

サメも何匹か泳いでいたのにはびっくりしました。

レゴランド

5分も乗車したかな。

意外と早く終了。

降車するときも、停止してくれないのでササッと降りましょう。

出てすぐは、小さな水槽にはいった魚がお出迎え。

外に出ると暑いので、ひとまずそこでクールダウンしてました。

子ども自身も、まぁおもしろかったけど、終わるのが早かった!!と、言ってました。

その割には、小学生3年生の子がいっしょだったのですが、もう1回乗りたいと言ってました。

スプラッシュ・バトル

レゴランド

パイレーツ・ショアエリアにある、アトラクション。

テレビでおなじみ、めっちゃ濡れます!!

でも暑いから気持ちがいい!!

オススメですが、予想以上に濡れます。

レゴランド

並んでいるところから、すでに足元がびちゃびちゃ。

携帯や腕時計など濡れたらイヤなものは、バッグにしまいましょう。

いざ出発。

外エリアに待ちかまえている全然知らないひとたちと、対決するように水の掛け合いです。

こどもも楽しいですが、おとなもめっちゃ楽しい!!

意外におとうさんたちが盛り上がっていました。

けっこう濡れる!!

終わってびしゃびしゃになってしまいましたが、盛り上がること間違いなし!!

暑いので、すぐに乾きます。

冬の場合は、全身を乾かすことができるドライヤーがありました。

300円かかりますが、冬でも楽しめそうです。

レスキュー・アカデミー

レゴランド

レゴ・シティーエリアにある、消防車に見立てたアトラクション。

写真ではわかりにくいけど、見ているひとけっこう笑ってみんな笑顔です。

わたしは休憩で待機していましたが、チームにわかれて対決してました。

ふたりで消防車が進むように動かすのですが、それがしんどい!!って、おとなは嘆いていました。笑

こどもの力だけでは、難しいのでおとなが必要です。

消火に見立てた作業は、こども担当にしてまた消防車で戻っていく。

競争ではないけれど、みんなで早く戻りましょう!!と、案内があります。

でも、遅くても大丈夫。

スタッフの方が楽しくお手伝いしてくださいます。

海外のチームの方は、やっぱり力もあるのかすっごい早かったです。笑

ザ・ワーフ

アトラクションでは、なく遊具です。

しばしのママパパの休憩時間になりました。

暑い中、本当によく遊ぶこどもたち。

トイレもたくさんあるので、休憩にちょうどいいです。

ロスト・キングダム・アドベンチャー

レゴランド

これもめちゃめちゃおもしろかったですよ。

1台につき2つの銃があり、それを光のあるところへ打つ。

そしたら、ポイントが加算されて、結果何ポイントだったかみんなで競争できる。

最初、なにを狙っていいかわからず、

そして子どもの手では少し銃が重く、うまく狙い撃ちができなかったのですが、

2回目に挑戦したときはきちんと命中できることも増えてポイントたくさん加算できました。

親たちは、親たちで競争できます。

結果、一番低くても3000ポイント。

最高、25000ポイント獲得。

だからって、なにも出ませんよ。

でも楽しいです。

ちなみに、紫を狙うと高ポイント!!

ただし3つしかないので、難しいですよ~!!

ビルド・アンド・テスト

豪雨がきてしまい、雷もなってきたので私たちは避難。(室内です)

避難先には、考えることはいっしょでたくさんのひとがいました。

レゴで車など作ることができて、自分たちでサーキットなどできる施設。

みんな勝手にしているし、雨ということもあり、すっごいひとでしたが、雨宿りできてよかった。

なおかつ子どもたちは楽しんでいるので親は安心できます。

急な雨にレインコート

ちょうどそのとき、見かけたのがレゴのレインコート。

ネットでも価格が高いと話題だったもの。

うちは買いませんでしたが、実際に使っているひとの様子を見てみると・・・

大きさは十分あるのでいいのですが、品質は・・・うーんどうかな。

ごみ袋をかぶっているような感じです。

これは、絶対レゴランドでしか使わないだろうなというのが感想でした。

ほかにも立派なものも・・・

ナイト・キングダムエリアの入り口です。

レゴランド

このすぐ手前には、ジェットコースターもありました。

レゴランド

まとめ

レゴランドの紹介でした。

いかがでしたでしょうか。

今回は、昼前から16時頃までしか滞在できなかったうえに、雨だったので全部は回れませんでしたが、十分楽しめた!!と、いうのが感想。

子どもたちも、もちろんまた行きたいとは言いますが、とりあえず満足している様子でした。

 

12歳以下の子どもには、絶対おとなひとりの付添が前提のアトラクションが多いので、おとなも一緒に楽しむというのがコンセプトなのかもしれません。

しかも、12歳以上の子どもになるともう興味もないでしょうしね。

 

幼児向けの乗り物もありましたが、圧倒的に小学生目線で楽しいものが多いです。

っあ、大事な食事面は・・・期待しないほうがいいです。

レゴの形のポテトは、アドベンチャーエリアにあり、世界中でここだけの販売らしいです。

記念に食べるのはアリかな。

子どもは意外と興味なさそうでしたけど。笑

【関連記事】

>>実際の評判はどう?【レゴランド】の混雑具合と車で行ったら?

-中部